町家の茶庭

京都市内の町屋さんの茶庭を改修させていただきました。改修前は躙口前で庭が完結していました。今回、大きく庭を使えるように地割を変更しました。母屋もしくは新築家屋の縁側を待合として使い、飛び石を伝って既存の8尺灯籠に照らされた蹲で手を清め、小間へ向かう。茶会時は歩ける使える、普段はリビングや座敷から眺められる庭作りを心がけました。