細長い通路の庭

京都市内の町屋さん
玄関までの細長い通路を改修させていただきました。門をくぐって水場、新築家屋への勝手口、自転車置場。その間を緩やかに分割するように3つの植栽帯を作りました。それぞれの植栽帯には中高木の常緑樹や落葉樹を植え、その足元を常緑の下草で覆いました。さらに常緑の下草の中に宿根性の下草を忍ばせ、季節ごとに花が現れるようにしました。細い通路のように水平方向に広げられない空間では垂直方向と時間軸に拡がりをもたせるように心がけると楽しい庭になると思います。