待合からの景色

滋賀県大津市の寺の露地。
つくばいで手を清める様子が見えすぎるという理由で設置されていた木製の柵を撤去しました。柵を設置した当時は待合からつくばいまでの間の植栽の枝葉の量が少なかったのかもしれません。今回、待合からつくばいの間の透けかたが剪定でコントロールできる状態になったので柵を撤去することにしました。同時に四つ目垣と枝折り戸を交換しました。風通しがよくなり、枝葉の隙間を通る光がちらちら地面に映る清々しい庭になりなした。

そこに今あるものを使って

京都出町柳の料亭の庭。
お店のオープンにともない、中庭を改修させていただきました。開店前にあった手水鉢を中心に考えはじめ、白川石の踏石、日照のほとんどない場所でも育つシュロチクを加え、まとめました。青竹の井戸蓋の下に井戸水のポンプを隠しています。簾をくぐり、細く仄暗い廊下を曲がるとスポットライトに照らされた一坪の庭がお客様をご案内します。京都出町柳”弧久”